〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3 紅谷ビルII 2A
TEL:03-5478-0361 FAX:03-5478-9927
Placeholder image

■ 製品情報|看 護

高齢者看護に必要な知識・技術を障害別に解説
老年看護 援助技術シリーズ
DVD全10巻/日本語版
総監修: 粟生田 友子  国立障害者リハビリテーションセンター病院 看護部長
綿貫  成明  国立看護大学校 老年看護学/長寿看護学 教授
制作・著作: 丸善出版株式会社 
制作協力: 株式会社メディカルビジョン 

加齢による生理的変化・精神的変化・心理的変化を理解し具体的な事例をもとに実際の援助技術を紹介します。
Placeholder image
● 10巻セット価格 ¥300,000(税抜)
● 各巻 ¥30,000(税抜)
1
高齢者の生理機能の変化(25分)
監修:石川 ふみよ 上智大学 総合人間科学部 看護学科 教授
高齢者は生理的加齢変化に伴い、身体機能、免疫機能、感覚機能、神経・運動機能などが低下し、さらに生活習 慣病の発症が多くなります。患者の身体状況を観察し判断するためには、加齢に伴う現象を理解することと、個 別性を考慮することが援助の鍵となります。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 高齢者の特徴
  3. 加齢現象①皮膚
  4. 加齢現象②消化器系
  5. 加齢現象③呼吸器系/循環器系
  6. 加齢現象④泌尿器系
  7. 加齢現象⑤視覚/聴覚/その他の感覚器系
  8. 加齢現象⑥脳・神経系/運動器
  9. エンディング
高齢者の心理社会的変化(28分)
監修:粟生田 友子 国立障害者リハビリテーションセンター病院 看護部長
綿貫  成明 国立看護大学校 老年看護学/長寿看護学 教授
高齢者は、加齢による変化や様々な喪失体験、年齢とともに幸せを感じられる度合いの変化、老いによる死の捉え方の変化などにより、年を重ねるとともにそのこころはさまざまに変容していきます。この巻では高齢者の心理社会的変化を、高齢者の方へのインタビューなども交えて解説します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 高齢者の加齢変化
  3. 高齢者の心理社会的変化①喪失体験
  4. 高齢者の心理社会的変化②主観的幸福感
  5. 高齢者の心理社会的変化③死生感
  6. 高齢者の神経心理学的検査
  7. 心理社会的援助の一例
  8. エンディング
脳神経系の障害を持つ高齢者への援助技術 (38分)
監修:下村 晃子 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 慢性疾患看護専門看護師
脳卒中には急性期、回復期、維持期の3つの病期があり、それぞれの病期に合わせた看護のポイントがあります。 急性期では主に合併症の予防・重篤化回避、回復期ではADL自立に向けた支援と退院支援、維持期では退院後の外来でのかかわりを解説します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 脳卒中急性期の援助技術
  3. 脳卒中回復期~ADL(日常生活動作)自立に向けた支援
  4. 脳卒中回復期~退院支援
  5. 脳卒中維持期~退院後の外来でのかかわり
  6. エンディング
循環器の障害を持つ高齢者への援助技術(38分)
監修:三浦 稚郁子 榊原記念病院 副院長兼看護部長
高齢者に多い主な循環器障害は、不整脈、虚血性心疾患、心不全です。各障害のメカニズムを解説した後に、 慢性心不全の患者を例に、実際のアセスメントおよび看護援助を紹介します。看護師は、病気への理解、食事 療法、運動習慣、薬物療法などに関し、患者自ら自己効力感を高め継続できるように、改善箇所を具体的に提案し支援します。    

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 高齢者に多い循環器障害
  3. 心疾患高齢者へのアセスメント・看護援助
  4. エンディング
呼吸器の障害を持つ高齢者への援助技術(33分)
監修:竹川 幸恵 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 慢性疾患看護専門看護師
加齢による呼吸機能低下のメカニズムと、高齢者に多い主な呼吸器疾患であるCOPD、肺炎、気管支喘息、肺がんの概要を解説します。次にCOPDの患者を例に、実際のアセスメントと看護援助技術を紹介します。また、在宅における酸素療法も解説します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 加齢による呼吸機能の低下
  3. 高齢者に多い呼吸器疾患
  4. 呼吸器疾患のアセスメント
  5. 呼吸器疾患高齢者への看護援助技術
  6. エンディング
運動器の障害を持つ高齢者への援助技術(37分)
監修:鈴木 みずえ 浜松医科大学 医学部看護学科 臨床看護学講座 老年看護学 教授
骨・関節・筋といった運動器の加齢による変化について解説します。次に救急搬送される高齢者の約8割を占める事故原因である「転倒」と転倒による「骨折」に焦点をあて、その予防と看護援助技術を見て行きます。 この巻では入院中に転倒した高齢患者に対し、看護師が見落としていた情報を振り返りながら注意点を解説します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 加齢による運動機能(骨・関節・筋)の変化
  3. 高齢者の転倒・骨折の特徴
  4. 高齢患者の転倒予防の看護援助技術
  5. エンディング
皮膚障害を持つ高齢者への援助技術(29分)
監修:室岡 陽子 東京慈恵会医科大学 医学部看護学科 講師
高齢者の皮膚は脆弱で傷つきやすいため、日頃から予防的スキンケアを意識することにより、スキントラブルの 発生や症状悪化を防ぐことができ、患者のQOLを守ることに繋がります。この巻では乾燥肌、褥瘡、皮膚 トラブル、下肢の乾燥肌に対するスキンケアを解説します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 高齢者の乾燥肌(ドライスキン)のスキンケア
  3. 褥瘡への援助技術
  4. 皮膚トラブルへの援助技術
  5. 下肢の乾燥肌(ドライスキン)へのスキンケア+フットケア
  6. エンディング
認知機能障害を持つ高齢者への援助技術(39分)
監修:六角  僚子 獨協医科大学看護学部 在宅看護学領域 教授
種市 ひろみ 獨協医科大学看護学部 在宅看護学領域 准教授
この巻では、認知症ケアのデイサービスセンター「お多福」での1日に密着し、実際の認知症患者に対しどのような看護援助を実践しているのかを解説します。食事、入浴、レクリエーションのケアはもちろん、日常生活におけるコミュニケーションの取り方など、様々な視点から援助技術を学ぶ事ができます。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 認知症とは
  3. 認知機能障害を持つ高齢者への看護援助の実際
  4. エンディング
コミュニケーション障害を持つ高齢者への援助技術(34分)
監修:堀内 園子 グループホームせせらぎ ホーム長/看護学博士
この巻では、認知症対応型共同生活介護「グループホームせせらぎ」で生活する高齢者とそのケアを通じて、高齢者のコミュニケーションに影響を与える主な要素である感覚機能、言語機能、精神機能の低下について解説します。またグループホームならではの生活環境と、一人ひとりにあわせた援助の実際を紹介します。

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. グループホームとは
  3. 高齢者のコミュニケーションに影響を与える要素
  4. 一人ひとりにあわせた援助の実際
  5. エンディング
10
睡眠障害を持つ高齢者への援助技術(26分)
監修:長谷川 真澄 札幌医科大学保健医療学部 看護学科 教授
睡眠障害や生活リズムの障害は、日常生活活動や心身の健康に様々な影響を与えます。この巻では、生体リズム の加齢変化、定年による生活の変化、様々な疾患・薬剤の影響、生活環境の変化、心理的要因など高齢者の睡眠 障害の主な要因を解説します。看護師は患者を多角的にアセスメントし、良質な睡眠・覚醒パターンを維持でき るよう援助します。 

CHAPTER内容

  1. プロローグ
  2. 加齢にともなう睡眠変化の特徴
  3. 高齢者の睡眠のアセスメント
  4. 睡眠障害への看護援助
  5. エンディング
弊社は医学・看護専門の医療用映像制作会社です。撮影から編集・2D/3Dアニメ・シェーマ/イラストなどご相談下さい。
株式会社メディカルビジョン 
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3紅谷ビルII 2A 
TEL:03-5478-0361  Fax:03-5478-9927

当サイトは全てのページにおいてSSL256bit暗号化通信を使用し、通信情報を保護しております。

PAGE TOP