〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3 紅谷ビルII 2A
TEL:03-5478-0361 FAX:03-5478-9927
CDCガイドライン製品情報

■ 製品情報|医療安全

シリーズ最新作!2020年秋頃発売予定!当ページよりご予約いただきますと、下記通常掲載価格の10%引きにてご購入いただけます。
CDCガイドラインに基づく
新・感染対策の実際
DVD全4巻/日本語版
総監修: 賀来 満夫 東北医科薬科大学 医学部感染症学教室 特任教授
監修・指導: 満田 年宏 東京女子医科大学 感染制御部 感染制御科 教授
矢野 邦夫 浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

制作協力: 株式会社メディカルビジョン  
制作・著作: 丸善株式会社  

1996年にCDCから「病院における隔離予防策のためのガイドライン」が公開され、 世界中の多くの医療施設で感染対策の基本として汎用されてきました。このガイドラインに基づき2008年に改訂されたDVD「CDC ガイドラインに基づく医療現場における感染対策の実際」は多くの大学や病院でこ採用いただき、 活用いただいております。その後ガイドラインは多くの改訂が加えられ、新型コロナウイルスに対する対応など最新の感染対策の映像を求める声が高まっており、感染対策における環境も大きく変化しています。本作では前作の内容を最新のガイドラインに準拠して改訂させるとともに、新たに手術部位感染、災害時の救護所における感染、国際感染症などの対策・対応についても詳しく解説してゆきます。
現在制作中のため、タイトル、価格、内容等は変更する可能性があります。
院内感染DVDサンプルイメージ
● 4巻セット価格 ¥160,000(税抜)
● 各巻 ¥40,000(税抜)
1
感染性病原体の伝播予防の基本
標準予防策と、空気感染・飛沫感染・接触感染の感染経路別予防策は、あらゆる医療従事者が全ての医療現場において日々実践すべき基本的な感染対策です。 この巻では、これら基本的な予防策について解説するとともに、新たに追加された隔離予防策として、呼吸器衛生/咳エチケット、防護環境、 空気感染隔離室、安全な注射処置、腰椎穿刺を伴う処置におけるサージカルマスクの使用、そして 2008年5月に改正された感染症法についても詳細に解説します。
    <コンテンツ>
  • 医療現場と長期療養型施設における標準予防策
  • 病原微生物と感染経路
  • 医療現場と感染性病原体の伝播リスク
  • 医療関連感染対策の移り変わリ
  • WHOのAMR対策宣言
  • 多剤耐性菌(AMR)による医療関連感染の予防と対策
  • 感染制御の実施と遵守のための組織のあり方
2
感染経路別予防策
医療現場で伝播しやすい病原体は、空気感染・ 飛沫感染・接触感染といった主に3つのうちの何れかを特徴的な伝播経路として持っています。 この巻では、これら特徴的な伝播経路をもつ病原体による感染症が疑われた場合の標準予防策に加え、速やかにその特徴的な感染経路別の予防策を実施するための具体的な方法について、感染症別に詳しく解説します。
    <コンテンツ>
  • 空気予防策の基本
  • 空気予防策の実際(結核など)
  • 飛沫予防策の基本
  • 飛沫予防策の実際(インフルエンザ、MERSなと新型呼吸器感染症)
  • 接触予防策の基本
  • 接触予防策の実際(ノロウイルスなど)
3
エリア別感染防止対策と職業感染予防策
「第3巻エリア別感染防止対策と職業感染予防策」ではCDCが公開している感染予防と制御に関するガイドラインの中から、処置別感染防止対策と職業感染予防策について新たに解説するとともに、CDCガイドラインの改訂で追加となった医療関連感染を予防するための防護環境についても、詳細に解説します。
    <コンテンツ>
  • 急性期病院、長期療養型施設の感染対策の違い
  • 中心静脈留置カテーテル感染防止対策
  • 尿道カテーテル関連感染防止対策
  • 人工呼吸器関連肺炎 (VAP) 防止対策
  • 手術部位感染(SSI)感染防止対策
  • 「CDC手術部位感染予防のためのガイドライン」のコアセクションと人工関節セクション
  • ICU、NICUにおける感染対策
  • 医療関連感染を予防するための防護環境
  • 職業感染予防策
4
インバウンドとグローバリゼーション時代のアウトブレイク、パンデミック対策
この巻では、2020年の東京オリンピックや2025年の大阪万博などインバウンドが増加している今日におけるアウトブレイク、パンデミック対策での情報収集の基本と考え方、その対策、そして災害時の各施設における感染対策について解説します。
    <コンテンツ>
  • グローバリゼーション時代の国際感染症を視野に入れた診察のポイント 海外帰りの患者のみかた/日本への渡航者のみかた/日常からの備え
  • アウトブレイクの予防と対応 アウトブレイク時の意思決定
  • 各フェーズ期において、医療機関・介護施設と行政などがなすべきこと 医療機関の規模・特性別の役割/重要業務継続のための具体的な方策 (医療機関、介護施設など)
弊社は医学・看護専門の医療用映像制作会社です。撮影から編集・2D/3Dアニメ・シェーマ/イラストなどご相談下さい。
株式会社メディカルビジョン 
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3紅谷ビルII 2A 
TEL:03-5478-0361  Fax:03-5478-9927

当サイトは全てのページにおいてSSL256bit暗号化通信を使用し、通信情報を保護しております。

PAGE TOP