〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3 紅谷ビルII 2A
TEL:03-5478-0361 FAX:03-5478-9927
Placeholder image

■ 製品情報|研修医向け

指導医が短期間で効率良く研修指導するために!!
研修医のための基本技能
DVD全25巻/日本語版
総監修: 高久 史麿  自治医科大学 学長
監修: 北村 聖  東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授
大滝純司  東京大学 医学教育国際協力研究センター 助教授

客観的臨床能力試験(OSCE)で要求される基本技能の理論と実際を網羅し、 臨床で役立つ診察・手技のポイントを解説した国内初のビジュアルプログラム
全品にDVDチャプター表と評価に役立つチェックリストが付属しています。
Placeholder image
● 25巻セット価格 ¥750,000(税抜)
● 各巻 ¥30,000(税抜)
注:医療従事者向けに制作しておりますので、一般の方のお申し込みはお断りする場合がございます。
1
心肺蘇生法(緊急救命処置)(44分)
監修・指導:坂本 哲也 帝京大学医学部 救命救急センター 教授
救急蘇生法とは、急性の疾病や外傷により生命の危機に瀕している、もしくはその可能性がある傷病者や患者に対して緊急に行われる手当、処置、治療などを意味します。このDVDでは、JRC(日本蘇生協議会)のガイドライン2010に基づいた、救急蘇生法の指針の中の、一次救命処置および二次救命処置について解説します。
救急蘇生の指導
2
医療面接の基本 含:精神科面接(30分)
監修・指導:丹羽 真一 福島県立医科大学医学部 教授
医療面接を始める前に押えておくべきポイント、進め方、医療面接で大切なことについて解説する。またそれらに加えて、少し別の配慮が必要になる精神科における医療面接についても具体的に説明する。
医療面接
3
頭頸部の診察(39分)
監修・指導:大滝 純司 東京大学医学教育国際協力研究センター 助教授
このプログラムでは、耳鼻科、眼科医以外の医師がプライマリーの診療において、最低限知っておくべき頭頸部の基本診察について解説する
頭頸部の診察
4
胸部の診察-呼吸器・循環器(36分)
監修・指導:工藤 翔二 日本医科大学 内科学第4 教授
   加藤 貴雄 日本医科大学 内科学第1 教授
胸部の診察では、診断のついていない患者に対して初めから呼吸器と循環器に分けるのではなく、必ず一つの領域として診ていくことが必要である。このプログラムでは、その点をふまえた上で、呼吸器と循環器それぞれの専門の診察技能を解説する。
断続性ラ音
5
腹部の診察 付:胃管挿入(28分)
監修:正田 良介 国立国際医療センター 総合外来部長
腹部の診察の手順、腹部の視診、聴診、打診、触診などの基本的診察技能、さらに直腸指診、胃管挿入の手技について解説する。
腹部の区分
6
四肢の診察 付:血圧測定(39分)
監修・指導:仲田 和正 静岡県西伊豆病院 院長
   大滝 純司 東京大学医学教育国際協力研究センター 助教授
このプログラムでは多岐にわたる四肢の診察の中から、脈拍の触診、リンパ節の 触診、肩関節および膝関節の痛みを訴える人の診察、そして血圧測定について、そ れぞれポイントをしぼって解説する。
膝関節の診察
7
神経学的診察1(27分)
監修・指導:大石 実 日本大学練馬光が丘病院神経内科 助教授
神経疾患の診断は、病変の部位診断と病因診断によりなされる。病歴から病変の局在と原因疾患をある程度同時に想定し、どこを重点的に診察するか考えながら進める。 神経学的診察の基礎、病歴の聴取、必要な診察器具、精神状態(高次脳機能を含む)、脳神経の診察のポイントを押さえる。
神経学的診察
8
神経学的診察2(32分)
監修・指導:大石 実 日本大学練馬光が丘病院神経内科 助教授
運動系(協調運動、歩行と姿勢を含む)、反射、感覚系、髄膜刺激徴候、神経学的診察のまとめにおける診察のポイントを押さえる。
感覚障害
9
泌尿・生殖器の診察、直腸診、乳房の診察(31分)
監修:赤座 英之 泌尿器科領域監修:筑波大学臨床医学系泌尿器科 教授
樋之津史郎 泌尿器科領域指導:筑波大学臨床医学系泌尿器科 講師
北川 浩明 婦人科領域監修・指導:社会保険中央総合病院 産婦人科部長
馬場 紀行 乳房領域監修・指導:東京共済病院乳腺外科 部長
このプログラムでは、泌尿器の診察の進め方、腎の触診、男性外性器の診察、前立腺の診察、婦人科診察の進め方、膣鏡診と内診、そして乳房の診察について、診察前のインフォームドコンセントや手技の実際について解説する。
膀胱と前立腺
10
小児の診察(25分)
監修・指導:横田 俊一郎 横田小児科医院 院長
日常診察で頻繁に遭遇する小児の病気や病態に適切に対応できるよう、小児科医以外の医師にとって必要な小児プライマリ・ケア(3歳児)の基本的診察技能を解説する。
小児の診察
11
産婦人科診察法と妊娠の管理(26分)
監修・指導:北川 浩明 社会保険中央総合病院 産婦人科部長
視診・触診・細胞診・膣診などの産婦人科診察法と産婦人科における臨床検査、妊娠の管理について解説する。
産婦人科診察法
12
分娩・新生児の診察と管理(30分)
監修・指導:北川 浩明 社会保険中央総合病院 産婦人科部長
分娩各期の管理、腹式帝王切開術、正常産褥の管理、新生児の診察と管理について解説する。
新生児の診察と管理
13
精神科疾患の診断と治療計画(36分)
監修・指導:丹羽 真一 福島県立医科大学医学部 神経精神医学 教授
   保坂  隆 東海大学医学部 専門診療学系 精神科学 教授
精神科以外の診療においてよく見られる精神疾患を取り上げ、その診断の方法と、標準的な診断計画の立て方について学ぶ。
精神科の診察
14
サイコセラピーと薬物療法(37分)
監修・指導:丹羽 真一 福島県立医科大学医学部 神経精神医学 教授
   飯森眞喜雄 東京医科大学 精神医学教室 教授
   染矢 俊幸 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 教授
このプログラムでは、精神疾患の治療を支えるサイコセラピーと薬物療法の基本について解説すると共に、第13巻で取り上げた症例についてはその薬物療法について具体的に解説する。
精神疾患
15
臨床検査1(22分)
監修・指導:北村 聖 東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授
このプログラムでは基本的な臨床検査として中間尿、便、喀痰といった検体の採 取の仕方、そして血液も含めてそれぞれの基本的な検査法について解説する。
採血検査
16
臨床検査2 含:画像診断(32分)
監修・指導:北村 聖 東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授
このプログラムでは、生理検査のうち肺機能検査、心電図検査、 そして画像診断のうち心臓超音波検査、腹部超音波検査について解説する。
心臓超音波検査
17
採血・注射(29分)
監修・指導:北村 聖 東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授
このプログラムでは、静脈血採血と動脈血採血の手技とコツ、 皮内・皮下・筋肉・静脈注射の適応と禁忌、実際の手技を解説する。
①採血と注射の目的 ②静脈血採血 ③動脈血採血 ④皮内注射 ⑤皮下注射
⑥筋肉注射 ⑦静脈注射
採血
18
末梢静脈路と中心静脈路の確保(24分)
監修:赤座 英之 筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器)教授
指導:樋之津 史郎 筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器)講師
多河 慶泰 帝京大学医学部 救命救急センター
末梢静脈路の確保と右鎖骨下静脈穿刺による中心静脈路の確保について、実際の手技とそのポイントを解説する。
右鎖骨下静脈穿刺
19
導尿・尿道留置カテーテル・膀胱穿刺(18分)
監修:赤座 英之 筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器) 教授
指導:樋之津 史郎 筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器)講師
男性と女性における導尿・尿道留置カテーテルの手技と注意点、膀胱穿刺の手技と注意点について解説する。
導尿・尿道留置カテーテル
20
腰椎穿刺・脳波・筋電図(32分)
監修・指導:大石 実 日本大学医学部練馬光が丘病院 神経内科 助教授
神経疾患の診断に用いる検査のうち、腰椎穿刺、脳波、筋電図について必要に応じて研修医が自分で検査を行い、その結果を正しく解釈できるように、重要なポイントを押さえる。基本的な検査に加えて、誘発電位検査、磁気刺激検査など最新の検査に関しても解説する。
脳波検査・閃光刺激
21
血算・血液像・骨髄穿刺・鏡検による骨髄所見(21分)
監修・指導:浦部 晶夫 NTT関東病院 血液内科部長
血算、血液塗抹標本の作製と末梢血の血液像、胸骨と腸骨における骨髄穿刺の手技、鏡検による骨髄所見について解説する。
骨髄穿刺
22
外傷初期診療(28分)
監修:坂本 哲也 帝京大学医学部 救命救急センター 教授
指導:森本 尚登 帝京大学医学部 救命救急センター
内田 靖之 帝京大学医学部 救命救急センター
外傷初期診療ガイドラインに基づき、外傷初期診療の考え方、Primary surveyと蘇生、早期転送の判断、Secondary surveyなどについて解説する。
外傷初期診療
23
胸腔穿刺・胸腔ドレナージ・腹腔穿刺(29分)
監修:坂本 哲也 帝京大学医学部 救命救急センター 教授
指導:内田 靖之 帝京大学医学部 救命救急センター
胸水貯留症例に対しての検体採取・排液、自然気胸に対する脱気、外傷患者に対する胸腔ドレーン挿入、緊張性気胸の診断と胸腔穿刺、そして腹腔穿刺について解説する。
胸腔ドレナージ挿入
24
創傷と熱傷の処置 含:止血・縫合法(25分)
監修:坂本 哲也 帝京大学医学部 救命救急センター 教授
指導:池田 弘人 帝京大学医学部 救命救急センター
創傷と熱傷の処置について、熱傷の評価、局所麻酔、洗浄・デブリードマン、止血・縫合、創傷と熱傷の保護などについて解説する。
縫合針の使い方
25
脱臼・骨折(28分)
監修:仲田 和正 静岡県西伊豆病院 院長
脱臼・骨折の整復と固定、足首の捻挫・骨折、下腿骨骨折、大腿骨骨折、股関節脱臼、上腕骨の脱臼・骨折などについて解説する。
骨折の整復と固定
弊社は医学・看護専門の医療用映像制作会社です。撮影から編集・2D/3Dアニメ・シェーマ/イラストなどご相談下さい。
株式会社メディカルビジョン 
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3紅谷ビルII 2A 
TEL:03-5478-0361  Fax:03-5478-9927

当サイトは全てのページにおいてSSL256bit暗号化通信を使用し、通信情報を保護しております。

PAGE TOP