〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3 紅谷ビルII 2A
TEL:03-5478-0361 FAX:03-5478-9927
Placeholder image

■ 製品情報|医療安全

医療廃棄物の適正処理についてわかりやすく解説した待望の教育訓練用教材
感染性廃棄物処理マニュアルに基づく
医療廃棄物の処理と対策
DVD全3巻/日本語版
監 修: 第1巻 松島  肇浜松医科大学 環境科学研究室 教授
第2巻 岡田  淳NTT東日本関東病院 臨床検査部 部長
第3巻 矢野 久子名古屋市立大学看護学部 感染予防看護学 教授/名古屋市環境局

製作・著作: 丸善株式会社 
制作協力: 株式会社メディカルビジョン 

医療廃棄物について体系的に網羅した、国内初のDVDです。
Placeholder image
●3巻セット価格 ¥90,000(税抜)
●各巻 ¥30,000(税抜)
1
感染性廃棄物の処理と対策(25分)
感染性廃棄物は、排出業者である医療関係機関が自ら施設内で処理するか、あるいは滅菌装置などで適切に処理することで非感染性廃棄物として処理することができます。この巻では、医療機関内における感染性廃棄物の分類法からはじまり、その中間処理と処理委託の流れなどについて、「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」(2004改定)に基づき、詳しく解説します。
2
医療現場での感染性廃棄物の処理と対策(25分)
院内感染への意識の高まりや医療の高度化により、医療用材料のディスポーザブル化が進み,医療廃棄物の量が増大することで医師や看護師が取り扱う感染性廃棄物も急増しています。医療の現場では、患者と医療従事者自らの安全を守るために、感染対策のみならず適切な感染性廃棄物の処理が求められています。この巻では、米国疾病病管理予防センター(CDC)のガイドラインに基づき、医療現場における感染性廃棄物の処理について解説します。
3
在宅医療・訪問看護における医療廃棄物の処理と対策(25分)
社会の高齢化と介護保険制度の施行に伴い、在宅医療と訪問看護は今後さらに増加すると考えられます。しかし、在宅医療廃棄物は、生活系一般廃棄物として分類されるため、その処分責任は市町村が負っており、針刺し等の事故があとを絶ちません。この巻では、「なごやか収集」という独自のシステムの導入等、非常に進んだ廃棄物処理対策の実施により、全国から注目集めている名古屋を例に、在宅医療と訪問看護における医療廃棄物の処理について、処置別に詳しく解説します。
弊社は医学・看護専門の医療用映像制作会社です。撮影から編集・2D/3Dアニメ・シェーマ/イラストなどご相談下さい。
株式会社メディカルビジョン 
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3紅谷ビルII 2A 
TEL:03-5478-0361  Fax:03-5478-9927

当サイトは全てのページにおいてSSL256bit暗号化通信を使用し、通信情報を保護しております。

PAGE TOP